SSL化した場合。「http://」から「https://」へリダイレクトする。

SSL化した場合、実はGoogleなどのサーチエンジンでは「http://」と「https://」では異なったドメインと判断してしまいます。
つまり、見た目が同じサイトが2つ存在しているということになります。これでは、Googleからの評価を落としたり、リンク切れなどでユーザーの離脱の原因となってしまいます。

そこで、「URLを正規化」することで対処します。
URLの正規化とは、簡単に言えば、「正しいURLはこっちですよGoogleさん!」と教えてあげることです。今回もプラグインを使用せず、.htaccessファイルに記述していきます。

.htaccess

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

「example.com」の部分を自分のドメイン名に変更してください。

[参考]hetemlで新サーバーに移設する手順と注意点
https://mdstage.com/web/server/heteml-data-migration

 


 

SSLにした時のBasic認証の設定方法

1.
パスワード生成ツールで任意のIDをパスワードを入力して、暗号化されたパスワードを作成しておく。(http://www.luft.co.jp/cgi/htpasswd.php)

2.
「htpasswd.txt」を開き、上のURLで生成されたIDとパスワードをコピペする。

3.
「htaccess.txt」を開き、一番上の行の「AuthUserFile」に .htpasswd までのフルパスを記述する。フルパスがわからない時は、ベーシック認証をかけたい階層に「fullpass.php」をアップロードしてWEB上でそのファイルにアクセスすると表示される。確認したら「fullpass.php」は削除しておくこと。
例)https://test.com/test/ にベーシック認証をかけたい時は、「test」フォルダ内に「fullpass.php」をアップロードして https://test.com/test/fullpass.php にアクセスするとフルパスが表示される。

4.
ベーシック認証をかけたい階層に「htpasswd.txt」と「htaccess.txt」をアップロードし、サーバー上でファイルの名前を変更する。「htpasswd.txt」は「.htpasswd.txt」へ、「htaccess.txt」は「.htaccess」へ変更。

注意!ただし、すでに同じ階層に「.htaccess」が存在する時はそのファイルを上書きしないこと。中身を確認して、そのファイルに「htpasswd.txt」の内容を書き足す形で対応する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>